来訪者数: 3670
登録企業会員数: 667

私たちは企業再生コンサルティングファームのトレーディスト株式会社 です

企業再生のコンサルティング 成功経営のための
7つの基本原則
ご相談・お問い合わせ
企業再生コンサルティングファーム

企業再生コンサルティングをしている浜野裕樹(ハマノユウキ)と申します。

私自身、自らの経営で多くの失敗と成功を重ねてきました。

いま逆境に苦しんでいる中小企業の経営者の方々の苦しみは私も痛いほど理解できます。なぜなら、私も同じような経 験をしてきたからです。25歳の頃から経営に携わり、経営者として多くの失敗と成功を体験し、実際の現場を通じて多 くのことを学んできました。

私はこれまでに多くの経営相談と企業再生に携わり、多くの経営者の方々を逆 境から救い、安定経営へと導いてきました。当社の企業再生コンサルティングでは、私の企業再生の 成功体験から「どうすれば中小企業が企業再生し、経営を安定できるのか?」を導き出していきます。

私は「苦境に立たされている中小企業でも企業再生できる」「事業再生できる」と言い切れます。なぜなら、企業再生を 検討される社長の方々は高いポテンシャルを持っているからです。そのため、 企業再生コンサルティングを通して経営者の方々の潜在能力を最大限引き出していけば、自らの力で企業再生することができるようになります。

企業再生をする上で大事なことは「正しい企業再生のやり方」を元に、経営者 自ら答えを見出し、その答えに向かって行動することです。そのため当社の企業再生コンサルティン グでは、経営者の方と一緒に現状分析をし、経営者自身で答えを見つけ出せるようサポートしていきます。そして、そ の答えに向かって一緒に歩んでいきます。

いま債務超過・資金繰りの破綻で苦境に立たされている中小企業の社長さんへ

まずは当社の企業再生コンサルティングを通して、現状をしっかりと分析し、資金繰りの精神的苦痛から開放され、一 緒に希望の未来へと歩んでいきましょう。私の使命は「企業を必ず再生させること」です。あなたがどんな経営危機に 見舞われていようと、私は危機を乗り切るための徹底した分析、新しい手法、知識、技術、ノウハウと適切な方針で適 切な経営再建へと導いていける自信があります。

しかしながら、経営危機の状況にある企業は体力が弱っているため、間違った 方向に動くと、すぐさま崩れ去ります。

もし企業が倒産してしまったら、ご家族、経営者自身の収入と生活は崩れ、自宅は無くなり、従業員には賃金未払いの 精神的苦痛を与えることになります。支払ができなかった取引先からは圧力を受けるでしょう。借入を返済できなかっ た銀行からの取立てや法的手段も精神的ストレスになります。

身内からの借入や、第三者保証人の責任はどうなるのでしょう?税金や社会保険の滞納はどうなるのでしょう?サラ金 などの借入がある場合は、強引な取り立てにどう対処すればいいのでしょう? 企業が倒産をすると、経営者や家族は想像も絶するような苦しみを味わうことになります。

でも、安心してください。逆境で資金繰りが回らない状況であっても、そこか らの脱出は難しくありません。経営者ご自身がいくつかの決断を行い、その決断を行動に移すことが できれば、逆境から脱出することができます。

その決断とは、

  1. 企業経営に対する意識の変革 「何のために企業を再生するのか?」あなた自身の使命を再確認し決断すること。
  2. 徹底的な無駄の排除 費用を極小化し、営業黒字化を決断すること。
  3. 過去の物質的・精神的な執着の放棄 過去の執着に囚われず、企業の経営方針を新しく作る決断をすること。

「何のために企業再生するのか?」を考えることは、経営者ご自身を守ることに直結します。「何のために企業再生する のか?」は難しく考える必要はありません。「軸がブレないことが最重要」です。軸がブレないことで、徹底的な無駄の 排除ができるようになります。

余談ですが、経営状況が危機的な状況にある中「売上を伸ばすこと」を考える 経営者の方々もいますが、ハッキリと断言致します。それでは企業は潰れます。まずは売上を増やそ うとする前に、売上が半分になってもいいので、黒字化を達成することが大事です。徹底した無駄の排除と経営の縮小 で新しい土台を築いてから売上を増やす、その順番が大事です。

徹底した無駄の排除と経営の縮小をするには、売上原価、販売管理費を徹底して見直すことから始まります。 固定費を変動固定費化するなど。徹底した無駄の排除と経営の縮小を経て、黒字経営を成り立たせることが大事です。

それと経営者ご自身の過去の成功体験や失敗体験の執着も捨ててください。企業再生するには「今やるべきことは?」 を常に考え、執着を捨てる必要があります。でなければ軸がブレてしまい、これまた企業が潰れる原因になってしまい ます。


【企業再生コンサルタント浜野裕樹(ハマノユウキ)の経歴】

ここで私自身の経歴を紹介させてください。私は学生時代にいろんなアルバイトを経験し「小さな成功体験・失敗体験」 を積み重ねてきました。その後、母親の企業に就職し「従業員4人」「年商800万円」の状態からスタートしました。会 社は6畳+4畳半のアパートの一室。机や棚がぎゅうぎゅう詰めで、人が通れるスペースがギリギリあるかないかの状態 でした。

その頃は私も「会社を成長させたい」という想いで、睡眠時間を削ってまで働いていました。会社も「年商1億7.000万 円」まで成長し、売上の半分を中堅物流企業からいただけるところまできましたが、その取引先が突如の民事再生・・・。

私の会社の買掛金の支払いと翌月からの仕事が50%ダウンすることになりました。

「これはマズい」と思った私は、徹底した固定費の見直しと買掛金の分割交渉を行い、固定費は全て変動固定費に変え ました。そのおかげで、翌年の年商は横ばいの1億7.000万円をキープできました。

その後、売上伸長を目指しながらマーケティングの知識・ノウハウを徹底して学び、売上が6億円⇒14億5.000万円⇒ 18億円⇒25億円⇒32億円⇒40億円と伸びていき、従業員は4人から(個人事業主も含め)300名まで増え、グループ 会社10社のホールディングス会社に成長しました。

経常利益は最高で3億5,000万円。市場の伸長に合わせマーケティングを行い、売上伸長のための事業提携を繰り返し、 M&Aを実施した結果、達成できました。

しかしその後、金融知識もないのに、稼いだ資金をIPOを目指す企業、上場企業、不動産ファンドに投資し、結果は全 敗。一気に資金を失いました。

さらには郵政民営化によるダンピング競争の激化によって、売上主義を掲げていた私の会社は、赤字を重ねて売上が減 少。固定費は増加し、ますます資金繰りが苦しくなり、第二会社への移行に伴って、創業した企業は倒産しました。

ここで私が第二会社への移行を決断できた理由が、まさしく企業再生コンサルタントとの出会いでした。私は企業再生 コンサルタントのおかげで事業を継続でき、堅実な経営を行えるようになりました。そのおかげで順調に経営活動に励 むことができ、上場企業の取締役まで務めさせていただきました。その後、独立をしてから創業した企業は、大手金融 企業との協業により付加価値が付き、上場企業へバイアウトするまで成長しました。

私の経歴を振り返っても分かる通り、経営は順調なことばかりではありません。その都度課題が発生し、苦境の時期が 必ずやってきます。特に中小企業は経営基盤が脆弱なので、苦境の時期に経営の舵を取り間違えると、脆く崩壊してし まう可能性が高いです。そのため、多くの経営者は「何とか生き残りたい」「企業を存続させたい」という想いとは裏腹 に、多くの悩みを抱えるものです。

  • 債務処理、債務免除を勝ち取り生き残る手段を模索し、実行したい。
  • 企業は債務超過だが、営業活動を継続して行きたい。
  • 不良債権となっている担保不動産が競売申請されたが、どうしたら良いのか?
  • 負債が膨らんだ株式をどのように損切りしたら良いものか?債務をヘッジする方法はないも のか?
  • 銀行借入債務がサービサーへ債権譲渡され、今後経営をどのようにしたら良いのか?
  • 今日まで売上主義で来たが、売上が低迷。売上をどのようにしたら上げられるのか?
  • 月末の支手決済ができない。どうしたら良いのか?
  • リスクの無い経営をし続けるためには、どうしたら良いのか?などなど。

そして多くの経営者は、悩みに悩み抜いて、税理士、公認会計士、弁護士さんへ相談をします。しかしそれは、相談する相手が間違っています。弁護士さんに企業再生のノウハ ウがあるでしょうか?税理士、公認会計士さんも、企業再生に精通していない人たちです。

弁護士さんができることは、法律的に破産を申請するだけです。公認会計士さんも同様です。企業再生の相談をしても、ほとんどの場合は破産を勧められます。もしあなたの 会社で債務処理の問題が発生しているなら「債権者への返済が先。資産処分をしろ」「将来のために少しでもお金を残そ うとすれば、詐害行為や刑事事件になるぞ」と脅されることもあります。

もちろん弁護士さんや公認会計士さんがおっしゃっていることは間違いではありませんが、企業再生するなら、場合に よってはグレーゾーンに踏み込まなければならない時もあります。その際に、経営者の苦しみを理解できる人が、専門 的な知識・実践的ノウハウを以て経営者をサポートしていかなければなりません。

私はあなたが置かれている苦境、悩みや辛さを痛いほど理解できます。共感できます。なぜなら、私自身があなたと同 じ経験をしてきたからです。だからもしあなたも企業再生への道を辿りたいなら、ともに進み、ともに考え、ともに苦 しみ、ともに悩み、ともに泣き、ともに喜び、ともに感動しながら、一緒に企業再生への道を辿っていきましょう。

【最後にあなたへのメッセージ】

もし、企業再生を検討されているなら、まずは「なんのために企業再生したいのか?」を決めましょう。あなたの心の 中を「絶対に企業再生するぞ!」という強いエネルギーで満たしてください

「絶対に企業再生するぞ!」という強いエネルギーさえあれば、やるべきことを淡々と行動に移せるようになり、苦境 を乗り切ることができます。苦境を乗り切ろうとする経営者の想いやエネルギ ーは「苦境を乗り切るために必要な知識」「協力者」を呼び込みます。

人間にとって、乗り越えられない苦境なんて存在しません。苦境はあなたがこの先もっと大きな成功を手に入れるため に用意された「束の間の経験」に過ぎなかったことに気づけます。私とともに経営困難の苦境を乗り越え、企業再生へ の道を歩んでいきましょう!

企業再生コンサルティングファーム
? もっと読む
twitter facebook Instagram